デュオヒルズ小牧の新築分譲マンション TOP > デザイン

DESIGN

ENTRANCE

Carriage EntranceCarriage Entrance

銘邸を、此処に築く。銘邸を、此処に築く。

400年以上前から、小牧の中心地として発展してきた此の地に、
その歴史を受け継ぐに相応しい、雅で洗練された邸宅を築きます。
住む人が誇りに思い、小牧の新しいシンボルとなる銘邸が、此処に誕生します。

SPECIAL CG MOVIE
スペシャルCG動画をご覧いただけます

格式ある歴史を綴り、小牧の新たな象徴となる。

AppearanceAppearance

市の象徴である小牧山城をモチーフに、ランドマークにふさわしいデザインを演出。市の象徴である小牧山城をモチーフに、ランドマークにふさわしいデザインを演出。

城を力強く支える塁濠を意識した建物基礎部。
そこに重厚感あふれるマリオンを採用し、建物全体に安定感をもたらす構成です。
上層階は洗練された水平ラインを、中層階では色違いのガラス手すりを採用することで、
建物全体に抜けをつくり、透明感を演出しています。
整形の四角いボリュームで全体的に洗練された印象を与え、
このエリアの新たなシンボリックな存在として描いています。

滝波 祐揮氏

Designer Prof ile 滝波 祐揮氏 株式会社 三輪設計名古屋本社

東京の建築設計事務所にて、大型商業施設の建築をはじめ、
スーパーゼネコンの設計案件に多く携わる。
2013年(株)三輪設計に入社。
現在は、東海地方の多数のマンション設計を担う。

外観マテリアルイメージ

心躍る、雅な暮らしを予感させる空間設計。

EntranceEntrance

一歩足を踏み入れれば、
静謐かつ上質な暮らしを予感させる、煌めきの空間が広がります。
天井高約5m、二層吹き抜けの溢れる開放感、豊かな陽の光を得られるガラスウォール。
住まう人に誇りを、訪れる人に憧れを抱かせる、心躍る空間が此処にあります。

優美な空間の中で、誇らしく、心地よい時間を分かち合う。

LoungeLounge

Entrance HallEntrance Hall

LAND PLAN

より快適に住まうために

車寄せのあるエントランス

古の小牧宿の町屋形式を彷彿とさせる奥行きのあるエントランスが、住まわれる方を優雅に迎えます。雨の日に濡れない庇付きのアプローチや車寄せも設けています。

駐車場設置率100%

敷地内外で駐車場を100%ご用意。快適なカーライフをサポートします。

image photo

自転車・バイク置場の設置

自転車置場を188台分、バイク(小)を4台分確保しています。

image photo

来客用駐車場設置

お車のお客様をゆっくりおもてなしできます。

万一に備える防災対策

防災備蓄倉庫完備

地震や水害など非常時に備えて、様々な防災用品・救急用品を保管できるスペースを設置しています。

救急工具セット
(参考写真)

投光器
(参考写真)

永住にふさわしい上質の共用部

共用Wi-Fi

オールコミュファ・マンション。住戸内だけでなく、共用部でもフリーWi-Fi利用可。回線速度は最大1Gbpsを誇ります。

宅配ボックス

留守時に配達された宅配物を保管する宅配ボックス。24時間いつでも取り出し可能です。

宅配BOX参考写真

「ALSOK(アルソック)」の監視システム

ALSOKと提携した24時間体制のマンションセキュリティを導入。信頼のセキュリティシステムに豊富な利便機能を付加しています。さらに、敷地内の随所には防犯カメラを配し安全性を高めています。

ハンズフリーキー

鍵をポケットや鞄に入れたまま、セキュリティを解除することができます。

24時間利用可能ゴミステーション

収集日に関係なく24時間常時ゴミ捨て可。家庭内にゴミを溜めることなく清潔な空間を保ちます。

※年末年始など、管理規約上制限を受けることがあります。

ペット足洗い場

ペットの散歩後、屋外で足の汚れを落としてからお部屋に戻れる便利な足洗いスペースを設置。

※飼育できるペットの種類等には制限があります。詳しくは係員までお尋ねください。

豊かな植栽計画

エントランスアプローチのシンボルツリーをはじめ、四季折々の花々や木々がお楽しみいただけます。

※植栽計画に関しては、計画段階のもので、変更になる可能性があります。実際に使用する樹木は写真ものとは形状が異なります。

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部・設備機器等の詳細は表現しておりません。敷地のみを表現しており、周囲の建物・電柱・標識・ガードレール等は再現しておりません。また、植栽の葉ぶりや樹形は竣工から育成期間を経た状態のものを想定しています。施工上の理由及び改良のため、変更になる場合がありますので、ご了承ください。